おすすめテニスバッグメーカー5選

テニス

この記事では、テニスバッグとは、どのようなバッグか、また、どのような人に必要か、バッグの種類にはどのような物があるかを解説します。

テニスバッグの使用目的

テニスバッグは、テニスラケット、汗をかいた時に着替えるための予備のテニスウェア、家からテニスコートまで別の靴で行く人のためのテニスシューズ、その他にもスポーツドリンク、タオル、雨が降った時、日差しを避けたい時にさす傘を入れられる他、財布やスマホを入れる、小物入れ(ポケット)などが装備されたテニスプレイヤー専用のバッグのことです。夏は着替えやタオル、冬は、上着を入れるアイテムが必要なため、買い揃えておいた方が何かと便利なアイテムです。

テニスバッグの種類

テニスバッグは、大きく分けて下記の種類があります。

  1. リュックタイプ(2本収納)
    容量:
    テニスシャツ・テニスハーフパンツ・靴下・テニスシューズを1セット収納可能。更にペットボトルを収納できるようになっているものが一般的。
    価格:
    7千円〜1万円
    大きさ:
    リュックサイズ
  2. 横置きタイプ(ラケット3本収納〜12本収納までサイズは多数あり)
    容量:
    ラケットのほかに、テニスシャツ・テニスハーフパンツ・靴下を2セット以上収納可能。他シューズも1足収納可能、豊富な容量がある。
    価格:
    1万円〜3万円
    大きさ:
    長さ76cm × 幅34〜40cm × 高さ35cm
  3. 縦置きタイプ(1本収納・2本収納)
    容量:
    リュックタイプより大きく、横置きタイプより少しコンパクトなバッグで、テニスラケットを入れた際、ラケット全体をバッグに収納できる、また、収納スペースもリュックタイプより大きく、横置きタイプよりは小さい

入門者・初心車の方は、1のリュックタイプがおすすめ

テニスバッグのメーカー

テニスバッグのメーカーを紹介します。

Prince(プリンス)
プリントのデザインに独特。収納容量は平均的ですが、ポケットは少なめの印象がある

HEAD(ヘッド)
バッグ形状のバリエーションが少ない。価格設定が少し高い

Willson(ウィルソン)
価格が手頃で、カラーのデザインがおしゃれ。

Dunlop(ダンロップ)
価格は手頃だが、バッグ形状のバリエーションが少ない。

YONEX(ヨネックス)
価格は手頃、バッグ形状のバリエーションも多い。

各メーカーとも、販売しているテニスバッグの機能は、ほぼ同じですが、バッグのデザインやポケットの数、シューズの入れ方に違いがあります。

テニスバッグの選び方

テニスバッグの選び方は、自分が持ち歩きたいラケットの本数や着替え、ほかのアイテムなどで必要な容量を備えたバッグを選ぶことが大事です。また、テニスコーナーのある、スポーツ大型店のへ行けばすべての商品が置いてあることはありませんが、代表的な製品は、置いていある場合が多いので、実際に、いろいろ商品を手に取ってバッグの重さや大きさなどを確認しましょう。

コメント